デッキレシピ

【非GXデッキ】サンダー/ナゲツケサルデッキレシピ【SMレギュ】

今回ポケカードラボでは、サンダー/ナゲツケサルのデッキレシピとその戦い方について紹介していきます。

最近「サンダー」をどうしても使いたくなったので、今気に入っている「ナゲツケサル」を組み合わせてみました。

サンダー/ナゲツケサルデッキレシピ

デッキコード:9413-169192


このデッキを編集する

デッキのコンセプト

Step1:序盤から相手に応じて「サンダー」か「ナゲツケサル」でどんどん攻撃!

Step2:「マグカルゴ」も立てて、「ジラーチ」の特性で好きなカードを持ってきちゃおう

重要なカードと採用理由

サンダー


自分の番にベンチからバトル場に出ていれば、「アサルトサンダー」の威力が80ダメージになります。
1エネで撃てるので序盤から攻撃することができ、進化前のポケモンならほぼ確実に倒せるので展開を有利にできます。

「エレキパワー」と合わせればさらに大ダメージも出せるので、対戦を通して活躍してくれるはずです。

メインアタッカーですが最初にバトル場に来てほしくないので、3枚にしています。

ナゲツケサル

攻撃するのは「チームプレイ」の方ですが、特性「パワースクラム」の方も入れておけば相手の進化ポケモンに対して大ダメージを出すことができるので2枚ずつ採用しています。

闘弱点である「ゾロアークGX」や「ゼラオラGX」、「デンリュウGX」などは1エネで一撃で倒せるので、「サンダー」と同じく序盤から一気に畳みかけていきたいです。

ジラーチ


特性「ねがいぼし」はバトル場にいれば使うことができ、山札の上から5枚を見てその中から好きなトレーナーズを手札に1枚加えることができます。

「カプ・テテフGX」の代わりともいえる強力なポケモンで、サポートだけでなくグッズも持ってこれることから3枚採用しています。

特性を使った後、ねむっても逃げられるように「エスケープボード」は必ず貼っておきたいです。
なのでこのポケモンのどうぐはセットとして4枚採用しました。

マグカルゴ


特性「じならし」で山札の1番上のカードを好きなカードにできるので、「ジラーチ」や「ククイ博士」と非常に相性がよく、今回先駆者の方の構築を見てどうしても採用したくなりました。

カプ・コケコ♢プリズムスター


特性「せんじんのまい」で、このカードがロストゾーンに行く代わりに、トラッシュの2枚のエネルギーを1枚ずつベンチに付けることができます。

これで「サンダー」がすぐに行動できるだけでなく、もう1エネあれば「ナゲツケサル」も攻撃できるので、このデッキととても相性がいいです。



サンダー/ナゲツケサルデッキの戦い方

序盤


「ジラーチ」に「エスケープボード」を付けて常に特性を発動できる場にしておきつつ、「サンダー」か「ナゲツケサル」のどちらで攻めていくかを、相手によって見極めて速攻で攻撃をしていきます。

どちらも1枚手貼りするだけで攻撃できるので、この時点でガンガン攻めてください。

序盤から速攻で攻めていって展開を有利に持って行こう!

中盤


この時点で「マグカルゴ」が立っていれば、「ジラーチ」の特性とのコンボでほぼ好きなデッキを毎ターン持ってこれます。この展開を目指しつつ、メインアタッカーの2匹で攻撃をしていってください。

「マグカルゴ」と「ジラーチ」のコンボを完成させて、攻撃し続けよう!

終盤


このデッキは速攻型なので、この段階でサイド差は結構リードしているはずです。
もしかしたら相手の高HPのGXポケモンが育ってしまっているかもしれませんが、そこは冷静に2回の攻撃で倒すようにしていきましょう。

中盤通りにそのまま押し切るか、冷静に2回で相手のGXポケモンを倒そう!

全体を通して

このデッキはとにかく速攻で攻撃できるデッキなので、序盤で展開が鈍ってしまうとそのコンセプトが活きません。
なのでゆっくりとしたプレイングはせずに強気で攻めてみてください。

そして、このデッキはHP250のようなポケモンを一撃で落とせる構築ではないので、なるべくそういうポケモンが出てしまう前に、進化前のポケモンなどを倒してしまいましょう。

この記事が気に入ったらフォローしてね♪
Amazonプライム・ビデオ | 30日間無料

amazonプライムビデオで「ポケットモンスター」のアニメを見ることができるんです!

プライムビデオは月額400円または年会費3,900円で約2万本以上のアニメや映画、オリジナルバラエティ番組が見放題!
さらに、Amazonでお買い物をした時にも当日配達や、次の日配達をしてもらえるんです。
ポケモンカードを買ってすぐに使いたい!という時にはとっても便利なサービスですね。

気になったら、ぜひ30日間の無料お試しもあるので、ぜひ登録してみてください。

>>amazon 公式ページ