デッキレシピ

【SMレギュ】ジュカインGX/ラランテスデッキレシピ

8/3(金)の発売に先駆けて、ポケモンカード強化拡張パック新弾「フェアリーライズ」の全カードリストが公開されました。

フェアリー強化はもちろんのこと、今回は草タイプも強化されているようなので、ポケカードラボでひとつデッキを作ってみました!

フェアリーライズの登場で環境にどのような変化が起きるのか今から楽しみですね。

《2019年版》最新!環境トップデッキレシピ!!

ジュカインGX/ラランテスデッキレシピ

デッキコード:6666-886818

このデッキを編集する

新弾であらたに出たジュカインGX。スタジアム「巨大植物の森」は無くなったものの、1進化のジュプトルが相当強力な特性「たいようのめぐみ」を持っているため、ジュプトルさえ立てば、あとは進化でてこずることはありません。

相方には1進化のラランテス。一見1進化と2進化で重いデッキのように見えますが、ジュプトルの特性とタイマーボール、ネットボールによってスムーズにいくようにしています。

ジュカインGXが立てば、あとはラランテスの特性「にほんばれ」でダメージアップを図りつつひたすらワザを撃ち続けるといった戦い方です。

上のワザ「おんそくぎり」は相手の特殊エネを破壊するので、「スペシャルチャージ」がないSMレギュにおいては相当強力な効果です。

ワザ「リーフサイクロン」は130ダメージを与えつつ、自分のエネを1枚ベンチに与えられます。これはちょっとしたエネ加速になっていて、前のジュカインのダメージが溜まってしまった時、スムーズに後続のジュカインGXが交代して攻撃に移れるようになります。

この組み合わせを見て、一昔前にとてもはやったガブチルを思い出した人も多いのではないでしょうか。

ジュカインGX/ラランテスデッキの弱点

これはとてもシンプルで、基本エネ重視で動く炎デッキにはかなり不利になります。
例えば、ホウオウGXバクガメスGX、最近出たマグカルゴGXがそれに当たります。

弱点でなおかつ、炎タイプはサポート「カキ」やマグカルゴGXの特性「クラッシュチャージ」で急加速ができるため、単純な殴り合いで負けてしまいます。

  • 弱点、そして基本エネで動く炎タイプには弱い・・・

弱点への対策

草タイプが炎タイプに対策できることというのは非常に限られます。ひとつ思いつくとしたらオニシズクモを入れることです。

特性「すいほう」によって炎タイプからの攻撃は受けません。なのでこの1匹で粘り勝ちできることもできます。
炎にたいして有効なカードですが、その分デッキの配分を少し変えなければいけないので、よーくデッキと相談してくださいね。

  • オニシズクモで炎からの攻撃を受けなくする!
この記事が気に入ったらフォローしてね♪
Amazonプライム・ビデオ | 30日間無料

amazonプライムビデオで「ポケットモンスター」のアニメを見ることができるんです!

プライムビデオは月額400円または年会費3,900円で約2万本以上のアニメや映画、オリジナルバラエティ番組が見放題!
さらに、Amazonでお買い物をした時にも当日配達や、次の日配達をしてもらえるんです。
ポケモンカードを買ってすぐに使いたい!という時にはとっても便利なサービスですね。

気になったら、ぜひ30日間の無料お試しもあるので、ぜひ登録してみてください。

>>amazon 公式ページ